本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コミケ戦利品の『STAR CRACKER』を聴いているのですが。
 2日目、なにをおいても手にしたかったALBATROSICKSの新譜。
 前3作とは違って全15曲のフルアルバム仕様。
 やる気が違うなって(^_^;)。

 作品もいよいよストーリー性を深めてきて世界がグッと広がったカンジ。
 これまではmikoさんが目立っていた感がありましたけれど、今作ではARMさん quimさんも前に出てきて存在感を強くアピール。
 単に曲っていうより戯曲とかそんな雰囲気すら。

 曲調は3作目『e』と比べるとストレートに表現するところが見えなくなって、複雑になった感が。
 それはハッキリした狙いなどをぼやかせるようにも思うのですけれど、今作は先述したように物語性へ挑んできた作品だと思うので、そこはもう「聴かせる」より「カンジさせる」って方向なのかな~って思います。
 なによりエレクトロポップの方向性は見失っていないので、これはこれでアリだと思うー。


 で、なにより言いたいのが「残念ミラクルアンセム!」ね。
 事前に「超残念なアンセムも収録」って伝えられていたのでどんなものかな~と楽しみにしていたのですが、いや、ホントこれ「超残念なアンセム」ですわ(^_^;)。
 ARMさんが御自身で狙ったトコロまで技量及ばず到達しなかった……という意味での「残念な」+「アンセム」ではなくて。
 いうなれば「ジャンル:残念なアンセム」ね!(笑)
 もう、とにかくgdgdしてる残念感がたまらないです。
 LIVEでやってくれたら、コールがすごく楽しそうなんですけどーっ!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< カタログ購入の再義務化が「コミケ再生計画」の一歩になる……ような? // HOME // C76 おつかれさまです~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1015-71a83dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。