本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 シャルの羽をペイジ工房の跡取り娘にカタとして取られてしまい、めでたくも銀砂糖師となるもシャルを解放するためにペイジ工房で奮闘する女の子のお話。


 やー、今回もアンのひたむきさが好感でした o(≧▽≦)o
 銀砂糖師になれたというのにその代償がシャルとの別離であるというは、なんともやるせなかった前回の引き。
 しかし三川センセは、そーゆー経緯へ至ることになった張本人(のひとり)には、続く刊で救済措置を与えますよねー。
 根っからの悪人、利己的な人間ではない……と描くというか。

 世界に悪意が無いわけではないけれど、人が悪意に染まっているということは、少なくとも「アンの物語」には居ないという。
 もし居たとしても、その人は「アンの物語」においてはモブなんですよねー。


 それは「読み手の物語」として言い換えることができるかもしれない。
 私たちの周りに理不尽な、あるいは利己的な、そして嗜虐的な悪意というものは存在して、私たちに害を及ぼしてくるかも。
 でも決してそれら悪意で世界が染め上げられているワケではない。
 必ず善意が……とまで行かなくても、公正であるような気持ちがきっとある。
 そんな世界像。

 ――もちろん、それを感じ取るためには、悪意に負けない心と前向きな行動が必要だとも伝えているのですけれどね!(笑)
 ああ、難しい難しい。



 由緒あるとはいえ今やうらぶれた工房の建て直しを任されたアン。
 ここに残ってアンと共に再建へと歩む職人さんたちの配置も見事!
 まさに「アンがまとめあげる」ために存在したといっても過言ではw


 思うに工房長代理のエリオットでは無理だったと思うのですよね。
 この再建劇は。
 もしくは他のどんな銀砂糖師にも無理だったのではないかなー。
 このドラマが成り立ったのは、アンという「女の子」の存在だったのではないかと。

 男はさー、バカだからさー、うまく結びつきを表せないのよさー。
 そこへ女の子が入ると、皆がそこを向くことによって繋がりが生まれるワケね。
 女の子ってスゴイ!(笑)



 ……なにか似た作品があったなと思っていたのですが、そうか。
 佐々木潤子センセの「BAN BON!」か!



 大仕事を見事に成し遂げ、またひと回り成長したアン。
 1巻ごとに成果を見せてくれる展開は、スピード感があって良いですね。
 そしてもちろん、ラストで次巻への引きも忘れないあたりさすが。

 ようやく落ち着ける場所を見つけられた感のあるアンたちの活躍が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学





 ガブリエラが団長へ着任する道筋までを描いて第一部完……。

 これまでの実績は実績として認めるところなのですけれど、うーん……。
 わたしにはこれで十分な理由付けがされているとは思えない物足りなさを感じてしまったかなぁ。

 これまでのことにしても、ひょっとしたら世界の中で、あるいは白兎騎士団のなかでガブリエラ個人の功績ってそれほど大きく目立ってはいないのかもしれない……って感じるところがあって。
 読者視点ではガブリエラや雛小隊、遊撃小隊の面々の行動を重く見られていますけれど、例えば前巻での撤退戦とかは「アルゴラが率いていたから成功した」と見られていないかなー……とか。

 入団試験でのことは噂程度でしかないでしょうし、また普通の正団員が入団試験の内容を気にすることも無いかと。
 もちろん嗅覚ある団員なら別でしょうが、それは一部のことだと思います。
 お兎さまの乱もレフレンシアがマリエミュールに勝ったという部分がクローズアップされて世間には知られているのではないかなー、とか。

 つまるところガブリエラの存在は、対外的にも騎士団内でも、あまり大きく説得力のある実績を積んできてはいないのではないか……ということなんです。
 それを読者であるわたしたちは視点の関係上錯覚をしているのではないか……とか。


 うーん……。
 重箱スミか、勘違いか読み違いか。
 どちらにしてもモヤモヤっとしたものが残ったガブリエラの団長登用なのでしたー。



 それとここ何巻かで気になったのは、舞阪センセ、「実はこれ、史実にもあるんです」ってあとがきで注釈を入れ続けていることかなー。
 なんだかちょっと正攻法な補強では無い気がするのです。
 こういうことを物語外で書かれると、舞阪センセも自信が無いのではないか――って思ってしまうのですよー。

 むぅ。

 もしかしたらガブリエラが派手なことをしてくれなかったから満足できなかったのかもしれません。
 後日始まる第二部を期待して待つことにします。




 東京南西に位置するベッドタウン、まほろ市。
 東京であって東京でなし、かといってもちろん神奈川でもなく。
 地政学的に不思議なアイデンティティを持たざるを得なかった一都市に住む人たちと、彼らのあいだを巡りながら諸問題を請け負い解決していく何でも屋。
 そんな便利屋業を営む多田と、宿無し文無しで転がり込んできた高校の同級生の行天。
 なにかを失い傷つきながら生きていく人たちが、出会いのなかで喪失した心を再生していく物語。


 ひと言で言い表そうとすればもちろん「喪失と再生」なのだけれど、そこへ至るまでの背景設定が巧妙というか精緻というか。
 物語上で表される人物像を含めた舞台装置の配置が見事。

 無駄がない……というより、この世界に存在するモノ全てに「まほろ市」に在る意味が有せられているカンジ。
 ここにいて良い、というような無言の肯定。


 だけれど生きている当人たちからすればそんな世界の意志めいたことなんて知るよしもなく。
 傷つき、諦め、逃げながら生きているのですよね。
 でも!
 世界は優しい!
 生きること、そこに居ることに対して、決して敵ではないのですよ!
 もしそれで傷ついたり、諦めたり、逃げ出さなければいけないようなことがあっても、それでも許されているのです。


「生きていればやり直せるって言いたいの?」
 由良は馬鹿にしたような笑みを浮かべてみせた。
「いや。やり直せることなんかほとんどない」
(中略)
「だけど、まだだれかを愛するチャンスはある。与えられなかったものを、今度はちゃんと望んだ形で、おまえは新しくだれかに与えることができるんだ。そのチャンスは残されている」



 この世は繰り返されるものではなく、同じように見えてもそこには変化があるという。
 倖せも、苦しみも、なにひとつ同じモノはなくて。
 だからこそ、世界は可能性に包まれているのだと思うのです。

 神ならぬ身では、その可能性がどう運ぶのかわかりません。
 可能性があるから嬉しいのか、悲しいのか。
 でも、そんな気持ちが「生きている」ってことなのかもしれません。

 三浦センセの作品は、そういう「生きる」ことを描いているなぁ……と感じるのです。
 




 高校卒業と同時に選択の余地無しで林業の現場に放り込まれたオトコノコのお話。
 文明から遠く離れた田舎暮らしに当初は辟易しながらも、なにごとにも大らかな村民と触れ合い、都会では見られない自然のダイナミズムを目の当たりにする中で見事に順応していくオトコノコ。
 都会では生きる目的を見つけられずにくすぶっていた彼が田舎暮らしを経て「大人へと成長する標」を見つけるまでの物語。


 林業という昨今話題の後継者難な職業現場を舞台にするあたり、三浦センセらしい嗅覚というか視点というか、面白いものを感じ取る作家としてのセンスを感じます。

 林業のみならず生活上不便が多い田舎暮らしって、こと現代の物語を書き下ろすにあたっては一筋縄ではいかない部分が多々あると思うのですよ。
 都会モノへ向けての共感性とか、反対に田舎暮らしへの好奇とか。
 そういうったものをどちらか一方に偏ることなく、ことさら堅苦しい雰囲気を醸成せずに語っていくのは見事なバランス感覚ではないかとー。


 なんといってもキャラ配置が絶妙ですよね~。
 主人公の勇気は10代の少年?として年相応に反発しつつも、ただ逃げることは負けだと受け止める負けん気とかー。
 アタマで理解するより先に大事なモノ大切なモノを感じ取れる積極性とかー。
 その行動力とか気概や性格がまったくもって主人公(笑)。
 そんな単純な勇気が主人公だったからこそ、この作品は物語になっているのだなぁ……と思ってしまうくらい。

 その兄貴分の与喜は無茶と無理を通しながらも細かな気遣いは忘れてませんし、言葉より行動で道を示す頼りになるガキ大将(笑)。
 ほかにも仕事の先輩たるおじいさんたちが脇を固めて、勇気の成長を厳しく温かく導いていくという。

 うーん……。
 こりゃファンタジーのビルドゥングスロマンですかいの?(^_^;)


 とくにキャラクターというものが用意されていなくても村中みんな顔見知りな田舎村独特の交流があって、それがまた都会にはもう見つからない絆として描かれているんですよね~。
 たしかに鬱陶しい部分もあるのでしょうけれど、そうした関係をうらやましくも思えるのです。



 一点、惜しむらくは、そんな村で出会った年上のワケあり女性とのロマンスがかなり省略されてしまっているところなのですがー。
 今作においてロマンスはちょっと的はずれな方向性でもあるでしょうし致し方ないトコロでしょうか。
 オトコノコにとって恋心は起爆剤である――その意味づけは十分に描かれていますし(笑)。


 林業という仕事についての描写以外にも、村の祭りや四季と共に姿を移ろう山の情景とかまでもしっかりと書き込まれていて。
 ステキなスローライフ読本ですわ~。




 十数年前、静かな田舎町で起こった少女殺人事件。
 事件の関わった者たちが「あのとき他に何が出来たか」「どうすれば良かったのか」と懐古の念に囚われ、現代までその想いを引きずってしまう悲劇。
 忘れようとしても忘れさせてくれない呪いのような想いが向けられ、それがまた次の悲劇を生む連鎖となってしまうという……。


 当事者の独白で過去の出来事が明らかにされていくというスタイルは『告白』でもお馴染みの湊センセらしい構成でした。
 ただ、そのぶん内容をどうしても『告白』と比較してしまうのですよねー。
 んー……正直、明らかにされていく展開、真実などが凝りすぎているカンジがして。


 個々のエピソードとしてはそれぞれが興味深い内容を披露されていっているのデスヨ。
 でも、エピソードをつなぐ大筋の中での要素がわかりにくいような……。
 凝っているようでいて、しかしそのせいで迂遠すぎるっちうか。


 今作は、事件当時その場に居合わせながら愛娘を救えなかった同級生たちを「人殺しと同じだ」となじる母親と、その言葉を呪いのように受け止めてしまいその後の人生を「贖う」ために生きることになってしまった同級生たちの悲劇なのですよね。
 誰が悪かったというものでもないのだけれど、かといって全て善かったワケでもなく。
 もちろん確かな「悪」は犯人であることは間違いないのですけれども。

 善でもなく悪でもなく、ただ世の中ってうまくいかないものだなぁ……というやるせなさを感じるのもセンセの作品の特徴ですか。


 特徴といえば「大衆の無作為の悪意」みたいなものもありますね。
 集団心理の凶暴性というか、無責任であるがゆえに放たれる善意を装った攻撃性というか。

 生徒を助けるための行動について激しい非難にさらされた教諭の──
──あなたたちの子どもなど、助けなければ良かった。

 ──という声はあまりにも痛烈です。


 行動を起こせば必ず結果が発生します。
 結果があれば、大衆は各々が好き勝手に自分の気持ちをぶつけることができてしまいます。
 それが、いまの世の中でいうところの「自由」というもの、らしい、ですから。
 批難を望まないのであれば(望む人なんているのでしょうか?)、行動しなければいいのです。
 行動しなければ結果も生み出されませんから。


 世界に漂う停滞感というものは、そんな「自由」な空気が生み出したものなのかも。

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。