本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 山間に走る線路を守る保線士と、父の手駒とされる自分に不満をもったお嬢様が出会い、互いに影響を受けながらいまの自分の生き方を見直すお話。

 んんん……ん???
 もったいないなーって読後すぐには思ったのですけれど、こういう描き方こそがメディアワークス文庫の方向性なのかなーって、いまは思えたりもします。
 確実な答えのない描き方っちうか。
 ……もっとも、そう皮肉めいて捉えるのは、わたしの斜めな一般文芸作品観によるものでありましょうが(^_^;)。


 商家に育てられたお嬢様が政略結婚に納得いかない気持ちを抱えたまま四十男の保線士と出会ってほのかな恋心を宿していって──って、あらま古典的ねーってカンジ。
 抱えていた事情も事情ですし、さらに窮地にあっての出会いというのもありますし、どうにもこの恋「つりばし効果」が高いような気がしてなりませんでしたが。
 なにしろ熱を上げるのはお嬢様のほうばかりで、保線士のほうは彼女に対してそういった目で見たようなトコロが少ないように思えたのですよー。

 男やもめ、お嬢様をそういう目で全く見なかったとまでは言いませんが、保線士の側からすると彼女を彼女個人として見ていたのか疑問。
 彼女を通して遥か昔(ってほど経っていませんけど)に死別した亡き妻への想いを確かめていたような……。


 それでも少女の側は保線士の姿を通して社会に生きるということを学び取り、保線士の側は少女の輝く気性に現実と向き合う心構えを得ていましたし、なにか結ばれるようなカタチではなくてもこの出会いには意味があったのだなーって思わせる物語でした。

 脇を固める人たちやふたりの行く末など、どうにも「今後」を意識させる演出が散見されましたが、これって投稿作ならではの未熟な野心なのかなー。
 今作の中で描けるはずのない部分までに言及しているので、そういった部分には冗長だと感じずにはいられなかったのですよー。
 そうした部分で世界を広げるより、もっと主人公格のふたりを掘り下げていったほうが良かったんじゃないかなーって思いますけど……。



 やぱし、わたしの感性では「もったいない」作品だったかな、と。
 でも別の視点から捉えれば、メディアワークス文庫の方向性に真面目だった作品なのではないかなーと感じます。
 なるほど、たしかに「ずっと面白い小説を読み続けたい大人たちへ」というキャッチに沿いつつ、ラノベを軽く卒業した世代へ向ける展開でした。


 余談ですけれど、この表紙はすごく気に入りました。
 山間を舞台にした作中との関係性は薄いですけれど、「作品」との関係性は高く表現されていると思うのです。
 一本の線路の存在感っちうかー。

 その表現具合を書店ではオビで隠されてしまうのですよねー。
 うーん……。
 どうにかならなかったものか……。
スポンサーサイト




 姉が無理心中をして、残された姪を父方の実家へ預けるために青森へと旅立つ主人公。
 けして望まれているわけではない姪の境遇に感じるところが無いわけでも無いけれど、自分の身の振り方すら定まらないままでは決断も出来なくて。
 そうこうしているうちに思いがけず起こった事件に巻き込まれ、そこから姉の無理心中の真相や青森の旧家にまつわる怪事件へと深く関わっていく、本格寄りの推理ミステリ。


 やー、予想外でした。
 表紙から受けたイメージとは反対に、かなり本格推理ミステリで。
 むしろこの表紙デザインは失敗していると言わざるを得ないほど!

 もっとも、この表紙であったからこそわたしは手にしたわけで、一概に切り捨てるのも無体か……。
 でも、キャラクター主体のラノベスタイルミステリだと思われたら、著者にも読者にも不幸な気がするんですけど……もにょもにょ。


 とはいえキャラ立ちしていないという言い方も間違いなのですよね。
 東京から青森へやって来た主人公は、もと遊郭に身を置いていて男性観・恋愛観に偏狭なものをもっているにも関わらず、しかし男性からのアプローチがここにきて耐えないカンジで。
 当人の望まない意志とは真逆に周囲が動いているギャップが興味深いのです。
 簡単に言えば男子ってバカねーってことですか(笑)。

 そしてそんな主人公を助手役に探偵役をつとめあげるのが盲目のイタコ、19歳。
 しかも結婚歴あり(死別)。
 あらためてみると濃い……(^_^;)。


 しかしイタコだからって降霊して事件の裏側を覗いて万事解決!って流れになっていないところも好感。
 あくまでイタコという特性は彼女のキャラの内に抑えられていて、それ自体が特殊能力として事件解決のキーになっているわけではないという。

 解決へと導くのは、彼女の聡明さ。
 視覚が不自由なために、推理する情報が整理されているカンジ。
 惑わされないっちうか。
 そうした部分についても、推理に説得力がついていっているような。


 終盤へ向けて積み重ねられる事実の数々によって明かされる真相も興味深かったです。
 構造っちうか構成の妙?
 用意された事実のエキセントリックさがいささか気になるところではありましたけれど、そういう奇天烈さも「本格」寄りの香りを放っているのかなー……って。
 語弊あるかもですが(^_^;)。


 雰囲気や筆致など、好みの作品でした。
 次は安易に「萌え」へ媚びない作品が上梓されることを願ってます。




 前作で感動的な再会を果たした勇者と魔王の娘、その周辺の方々のその後を追いながら新たな問題が立ちはだかったの巻。
 新たな……っちうか、世界根源の問題が表面化したっちうか。

 そういった「新しく見えた部分」が、どうにも「続巻に由来するもの」に感じられてしまうのは致し方のないトコロでしょうか……。


 しかし!
 8年経って再会した姫さまが、澄人へ抱く気持ちを持て余す様はかーわーいーいー。
 なんちうか、こういう「恋する乙女心」を描くはむばねセンセのパワーはまじぱねぇ。
 それも一元的ではないところがゴイス。
 恋したらこういう行動とっちゃうよなー、ああでもこういう行動とるコもいるよなー……ってカンジで。
 イメージの幅がホント広いなーって。

 表紙からカラー口絵の流れとか、サフラの気持ちを思うと顔が緩んでしまうわ~(^-^)。


 んでも。
 本編ではあまりこういうシーンはなかったのは残念かなぁ。
 サフラが恋心に戸惑いすぎてしまっていましたし、澄人は澄人で朴念仁すぎるしー。

 そして後半になると、はむばねセンセらしい「物語」の進行に注力する流れがありましかたら、もはやそれどころではなくなってしまったという……。
 その「物語」の部分は、なるほどなっとく、みたいなカンジで悪くはなかったのですけれど、んー……。
 その「物語」にキャラクターの言動がうまく融け込めてないような違和感をおぼえます。
 キャラクターそのものの作り方、有り様などは物語にマッチングしていると思うのですがー。


 とまれ、まだ前巻。
 ふたりの仲を引き裂く世界に、どう立ち向かっていくのか、伏して待ちましょう!

 ……は?
 澄人の幼なじみでサフラのライバル?
 いやー、彼女はさぁ……(^_^;)。




 ん? んんんん──???
 これは、ちょっと……かもだわ(-_-;)。

 内容云々はまずスッ飛ばして、オチだけを取り上げるなら……セルフオマージュかなぁ。
 『魔王さんちの勇者さま』のラストと同じなんですもん……。
 もちろん今作だけを読まれた人には関係無いことなので、それが批判されるに値するものではないとはわかっているのですがー。
 うーん……。
 わたし個人としては軽くかわされたかなーってトコロ。


 本編の流れについても前作を引きずっているものだと感じるのですよねー。
 タイミング良く邪魔が入ったりしてラブコメ的演出で盛り上げてはいるものの、前作ラストからの進展が見られないっちうか感じられないっちうか。
 少なくとも主人公である陸のほうに覚悟なり気持ちの定まりようが見られれば進展と受け取れたのですけれど、そういう部分がなくてゆらゆらと……。

 うーん……。
 2巻目で描くにしてはサービス足りてないカンジかなぁ……。
 華さんがカワイイのは大前提として、言動にもっと弾けップリがほしかった気が。
 たしかに一線を越えようとする積極性はありましたけれど……。
 わたしが欲張り過ぎなのかなぁ……(>_<)。


 でもって後半で大きく物語が動く部分についてですけどもー。
 物語のイベントとしてはありうるモノだとしても、陸の言動に由来する起因関係が希薄なカンジで、クライマックスでの高揚感に欠けていたかなー。
 場当たり的……って言うのは過ぎていますけれど、突発的に発生して偶発的に収束した感ではありました。

 イベントではあってもドラマではなかった……という感じ。


 総じて見て、物足りないというよりは残念な気持ちになった第2巻でした……。




 歳の差オフィスラブな恋愛小説かと思っていたらエロ小説だった――!!!
 なにを言っているかわから(ry

 32歳の優秀な営業主任の女性が年下の23歳の部下に求愛されてメロメロになってしまうお話。
 いや、メロメロっていうかヌレヌレっていうか(笑)。
 もう、とにかくセックスしまくりだった……。
 こんなお話だとは思いも寄らなかったデスヨ。


 ひと回り違う歳の差を思い悩み、彼からの求愛を素直には受け止められなかったトコロ、彼はその愛を身体で教え込ませていくという。
 まぁ、ベースには事故で両親を失って天涯孤独になったという女性の社会的立場の難しさとか、かつての恋愛で失敗していることから臆病になっていることとかがあって、そこからあらためて倖せの階段をのぼっていくハッピーストーリーなのですがー。
 いや、それでもエロ小説では?とか思ってしまうー(笑)。

 「絶倫」ってキャラ付け、はじめて理解した気が。
 ここまであっちに強い男性って、本家?のエロ小説でも見ないような……。

 もっともあちらはシチュエーションを入れ替え入れ替えしてエロシーンを多く描く必要があるため、1シーンごとの回数は多くはなりにくいってこともあるかもですが。


 まぁ、とにかくヤリまくりな次第。
 営業先で、会社で、自宅で、実家で、車の中で、結婚式の控え室で。
 うーわー……(≧△≦)。
 年上ということもあって恋愛に引っ込み思案な女性が自信を失いかけるとセックスで愛情を伝える男性……ってパターンなので、もう、とにかく!(笑)

 うーん……。
 極端ではありますけれど「自分に自信を与えてくれる相手」ってことで王子さま願望の作品なのかなぁ……。
 自分で自分自身の価値をそこまで高くはつけられないけれど、世界のどこかに自分を絶対的に求めてくれる相手がいますよー……ってメッセージで。
 認められたい、認めて欲しいって願望は、いつの世も存在するものですし。


 WEBサイトで公開されていた作品ということで、メディアによっての求められるものの違いっていうのもあるのかなー。
 シチュエーションにズバッと切り込んでいって勢いつけて衝撃的展開に持っていくというか。
 携帯小説などでも同様かと思いますけれど。
 とにかくセンセーショナルな要素を連続していかないと読者の関心を引き留められないマーケティング?みたいなみたいなー。



 余談。
 わたしこれ、電車の中で読んでいたのですけれど、わかる人から見れば
 「あの人、電車の中でエロ小説を堂々と読んでる~w」
 ……って状況だったんでしょうか。
 は、恥ずかしいわ……!(≧△≦)
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。