本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 高潔な英雄が術にかかり俗へと堕し、その姿に契約していた精霊は落胆しつつも縁を切れないでいて。
 やがて高原を舞台に広く政変が起こり、元英雄と精霊もその中に巻き込まれていく物語。


 いやー、入りがスゴイですよねー。
 英雄が、魔術?に遭ったとはいえ俗人へと堕ちて始まるんですもん。
 しかしですよ?
 この尊敬すべきところがほとんど無くなった元英雄、だからこそイヤに人間くさいんですよー。
 人を疑い、事件の裏をさぐり、とにかく信用することをしなくなった元英雄。
 怠惰とも自暴自棄とも違う、むしろなにか達観したような風格さえ感じてしまうのですがー。

 世の中は綺麗事だけで成り立っているワケではないっちうかー。


 慕ってくれる女の子に対しても「一般的に考えると」酷いことを言って突き放すのですけれど、それもまた逆の側面では女の子の心を試すものであったようなカンジ……と言うのは持ち上げ過ぎかなぁ(^_^;)。
 酷い言葉でしたけれど……それで、それだけで恋を貫けないなら、その試練止まりの恋だった、ということですし……。
 んー……。
 それに元英雄のほうも「ウソの言葉」は使ってないですし……。

 いやま、ウソでなければなにを言っても良いとはいいませんよ?
 でも、真実を前にしてどう行動するのかを試されたということはあると思うのです。



 で、この女の子、先へ進むと元英雄の友人と見合い結婚してお子さんを……。
 読者感覚だと、なんというNTR展開かと!(笑)
 元英雄がとった行為があれば仕方ないとは分かりつつも、この展開はツライわー。


 で、高原に巻き起こる政変はこの子を中心に回っていくのですけれど。
 そうなったときの元英雄の立ち位置が傍観者であるところもすごいな、と。
 こういう大きな世界の動きがあったとき、主人公はそれに深く関わっていくものがパターンだと思うのですが、しかしこの元英雄はそんなことを望まず、そしてその通りに風を避けて進んでいくのです。
 うはぁ、なんという主人公……(^_^;)。
 そりゃ契約している精霊も悲しむわ(笑)。


 でもです。
 何度も繰り返しますけれど、元英雄は積極的な望みを失っただけで間違ったことはしていないのです。
 もちろん正しいことをしている、とは言えませんけれど。
 うん。尊敬には値しないと思う。
 でも、そういう彼の目を通すからこそ、世界の醜さ、あるいはその反対に美しさも見えてくるような気がします。



 元英雄を慕っていた女の子と、見合いで結婚した旦那様。
 経緯が経緯だけに夫婦仲が良かったとは言えないのですけれど、事件をきっかけに歩み寄りをみせた場面。


「ファム、一つだけ言っておきたいことがある」
 シェンルンは妻の肩を掴み、
「私はきみのことが……」
「わかってる。ゴンバ・ルドの精霊があなたの想いも、ジュエルを助けてロワールに国を建てたことも、傷ついた体で私を助けに行こうとしてくれたことも見せてくれたわ。あなただけが、私への想いを貫き通してくれた。今やっと思える。あなたが夫で、よかった」


 いやー、もう、こう言われる/言うのって、主人公とヒロインですよねー。
 これを見ているだけの主人公は、ホント傍観者(笑)。

 わたしとしてはこの情けない旦那様が駆けつけたときの――


「間に合わなかった!」
「いつも一歩遅いのよ、あなたは!」


 ――には大笑いしましたけど(^-^)。
 先述のセリフにしたって、今更言うな遅いわ!感がありまくりでしたしー。



 表舞台から退いた元英雄。
 再び立ち上がってくれることを期待する精霊。
 ふたりがこのまま傍観者であるのか、それとも時代が彼らを表舞台へ押し上げるのか、この先が楽しみな新シリーズです(よね?)

スポンサーサイト




 伊達政宗公とその妻、愛姫の馴れ初めをライトノベル風にアレンジして……という作品。
 ありゃりゃ、ながとセンセ、歴史物へ回帰されてしまわれてしまいましたかー。


 デビュー作で武田信玄公を描かれてましたし、日本史に興味がお有りなのかなー……と。
 だもので『アルワンド』に比べると筆が走っているカンジは受けるのですが、それにしてもキャラ配置を含めて構造や展開が一般的すぎるような気がします。

 ホントは好いているのにお家事情で結婚を認めるわけにはいかなくて、それでいてやんわりと姫を傷つけずに済まそうとしている政宗公。
 一方のお姫様ははじめから政宗様LOVE!で、どうしても政宗公と一緒になりたくてあれこれ奔走するっちう……。

 うーん……。
 これは王道というトコロを過ぎてベタと呼ぶのではないかなー。

 問題の根源が政宗公の血筋にあって、ご母堂が彼を認めないというのもなぁ……。
 誰が裏で手を引いているのか意外性が無いっちう……。


 政宗公のイメージを崩したくないというのもわからないでも無いのですが、そのキャラクター性にも今作らしいオリジナルな部分を感じ取れなくて、そもそも史実におんぶだっこしちゃっている感を受けるのですよね。
 政宗公のキャラクターや知名度に頼ってしまっているっちうか。


 その手法を安易と取るか間口を広く取るっちう戦略性と見るかは意見の分かれるところかもですが。




 因習に縛られた山村。
 家族が犯した罪を背負わされて孤独に生きてきた女の子が悲劇的な運命にある一族の男性と出会い、やがて愛するようになるお話。

 瘴気によって外界とのつながりが限られている山麓。
 8年に一度、贄が差し出される村。
 退治できぬ化物におびえながら暮らす日々。
 序盤でむやみに世界背景を説明してこないで、展開させる舞台を絞っているカンジは悪くないなぁ……と。
 どこまでが物語の世界なのかハッキリと感じられて。


 わたしが思うところの夏目センセって、それほど設定には凝らずキャラクターの心情面の揺れ動きを描いて魅せる御仁なのかな……ってところなのですよー。
 今回も「やたらと考えすぎてしまうタイプ(オンナノコ)」と「すでに無条件で相手を受け入れるタイプ(オトコノコ)」という組み合わせは定番ですし。
 あまり凝ってるカンジはしないよーな。
 オトコノコのことを信じられなくてあれこれ考えているだけで物語は動いていくっちう(笑)。


 もっとも、その安定感?はクライマックスでの意外性に欠けるきらいがある気もしないでもないのですけれど……。
 キャラ配置で物語の行く先がある程度見えてしまっているという……(^_^;)。

 今作でも真犯人が誰であるかは定番どころのキャラでしたし、クライマックスでの緊迫感はアクションの行方にかかるというのは荷が勝ちすぎているかなぁ……というトコロ。
 そこで悲劇を描ける御仁であったりすると、別のトコロから突き抜けた感想を抱くのですが(とはいえそれが好評価になるかどうかは難しいトコかも(^_^;))。


 いろいろあったけれどハッピーエンド。
 大きすぎない倖せで満足している姿に嬉しくなる終わり方。
 全ての困難が取り払われたわけではないけれど希望をカンジさせる結びに、ホッと安心できる作品、御仁です。




 ありがとう。
 読み始めてすぐにそんな気持ちが浮かびました。

 この本は、きっと、恐らく──いや絶対に大きな売上を残すような「商品」ではありません。
 説明も、解説も、そして前巻からの引きを取り繕うような散文もなにもなく、冒頭から始まるクライマックステンション。
 これはもうこの作品は「ここまで付き合ってくれた読者のみをターゲット」にしているものだと感じられたのです。
 それは読者への贈り物といって良いくらいです。

 もちろん作品を完結させることは著者にとっても利あるところです。
 なので一から十まで読者へ贈るものではないとは思いますけれど、それならばそれで「著者と読者のみが共有できる世界」がここに存在していると言えると思うのです。

 最初に言いましたように、この作品の売上は決して芳しいものではないでしょう。
 でも、それを見越してなお刊行まで辿り着けた編集サイドの尽力と判断、そしてきちんとした形で完結させてくれた夏海センセに感謝したいです。


 そんな気持ちにさせられてしまったので、水無瀬一佐率いる反アポストリの先鋒<水車小屋>の暗躍が結果を見せ始め、アポストリ側が次々に追いつめられていく状況から展開していく冒頭でもう興奮ですよ!
 そうした現状を眺めなにが最も自陣営の利となりうるのか、自分の利となるのか見定めようとする者たち。
 踊る会議と、猛進していくタカ派の一団。
 腰の重い日和見を動かすために、そしてタカ派の動きを牽制するために、学たちの一進一退の攻防が緊迫感あってもーっ!
 
 ひとつの問題をやりこめたと思って興奮していると、すぐにそれを打ち消す厳しい現実が待っていて落ち着くヒマも無いったら!(><)
 今巻はもうずっとそんな上げ下げテンションでした。


 それでも諦めずに次々と問題を乗り越えていく学の姿には素直に感動できましたなぁ。
 このシリーズって、なんの力も持たない高校生が、自らの身一つで諸問題を乗り越えていくところがスゴイと思うのです。
 それも火事場の馬鹿力といったものですらなくて、知恵と勇気と優しさの執念で乗り越えていくのですよね~。
 設定段階で構築しているのではなく、文脈の中で、あるいは物語の中で答えを明らかにしているっちう。

 軍事モノはライトノベルでは大成しないと感じていますけれど、理詰めできちんと物語を構築できる人が少ないせいでもあるのかなー……と思ったりします。


 そんな次第で善戦しながらも追いつめられていく学たち親アポストリ派および親人類派ですが。
 終盤へ向けての大逆転劇を生む伏線があちこちに見えていて。
 これがまた熱いったらないですわー!

 これまで学と関わってきた人が学を通じてひとつの流れになって反撃の狼煙を上げて。
 才能っていうのは物理的にどうこうできるもの「だけ」ではないのだなぁ……と。
 それだけを才能と言ってしまっては、学が勝つ理由なんてなくなります。
 学が活動してきた全ての結果が、ここにひとつに集約されていくのです。
 個性という面だけの「キャラクター」ではなく、南方学という「人間」が今作では描かれていったのだなぁ……と感じます。


 で!
 そんな緊迫した状況が途切れなく続いている状況であるにもかかわらず、しっかりと絆を結ぶ学と葉桜のラブっぷりも、もうねもうね!!!(≧▽≦)
 「あのシーン」では、もう、どこのハリウッド映画かと思いましたよ!(笑)

 しかぁ~も!
 灯籠参事官がここにきて急展開!
 いや、学に固執していたようなトコロを鑑みるに、それもまぁわからないでもないですか……。
 ここらあたりのこと、どうなのかなぁ……。
 どうなっちゃうのかなぁ……。
 外伝求む!(笑)


 主人公は走り出し、ヒロインは主人公を信じ、そして彼の名のもとへと集うオールスターキャスト。
 まさにクライマックス。まさに大団円。
 ここまでの勢いが止んで、ホッと余韻にひたれるラストでした。


 そしてエピローグ。
 今回の事件は終息しましたけれど、また再び同じようなことが起きないとも限らないワケで。
 それは人間とアポストリの共棲関係が変わらない限り変わらないばかりか、生物の種として背負った業が運命付けているのかも。

 それでも学と葉桜は手を取り続けていくでしょうし、そうした姿は違う場所でも見られるかもしれない。
 一年前の夏に出会ったふたりが、また夏を迎える頃にこうして世界の行方を変えるような存在になれた。
 出会いが、世界を変えたのです。

 なんて見事なボーイ・ミーツ・ガール。
 ステキな物語をありがとうございました。
 夏海センセの今後のご活躍を期待しております。




 いいね、いいね~。
 ひとときも落ち着くことのない、賑やか続きの学園探偵ライフ!(笑)

 前作「卒業式編」で表された謎めいた部分が、展開が進むにつれて意味と重みが浮かび上がってくるという。
 「爽快なフィナーレまで一気呵成に突き進む」とのコピーに偽り無しですわ~♪


 個々の小話におけるトリックは極めてベーシックなものばかりだと思うのです。
 だもので一見すると易しいミステリかと思ってしまうトコロなのですけれど、やぱし本質を知るには「卒業式編」と併せないとダメですよね~。

 続けてみると前作と今作で「起承転結」がきっちり成されている感が。
 全体のくくりでみた「謎」は前作でしっかりと提示が済んでいて、それでいながら今作では新キャラ登場して伊神さんも居ないという急変事態からのスタートで、まさに「転」。
 さらに全てが明らかになって物語が集束していく後半は、「結」としての形が見事に表されているっちう。

 前後編として著しているのではなく「卒業式編」と「新学期編」。
 前後編となっていると後編が明らかになるまで作品としての体が成されない印象を受けるのですけれど、今作においてはそれぞれが独立して作品として独り立ちしているのですよね~。
 しかし併せてみたときはより大きな物語が形作られていることに気付くわけで……。
 アイディア賞的なトコロもあるでしょうけれど、この構成力は評価されるべきだわ。



 新キャラの希ちゃんの登場によって柳瀬先輩の立場にも緊張感が(笑)。
 攻めているようでいて確かなところまでは踏み込まない先輩の態度は、ミノが言うところの「ウチの部長もグズグズしてるから……」というセリフに集約されるものでしょうねぇ……。

 まぁでもしかし。
 柳瀬先輩って部分的にはきちんと乙女しているオンナノコですしねぇ。
 そこまでストレートには表現できたりしないですか(^_^;)。
 それにまだなにか隠している部分もあるように感じられるので、読み手が受ける気持ちがそのまま当てはまるのかも微妙なトコロかもですしー。

 葉山くんの鈍感さも少し異常なくらいでコメディ過ぎるところがあるのですが。
 でも、そういう彼でなければ柳瀬先輩の気持ちもある程度まで表面化しないといけなかったでしょう。

 物語から要請される部分があるにしても、キャラ造形がきわめて理にかなっているのだなぁ……と思わされます。



 卒業しても伊神さんは気軽に登場してきてますし、シリーズとしてはまず安泰でしょう(笑)。
 希ちゃんが代わってその役を担うかもですしー。
 あとは葉山くんがオトコを上げる展開が――(^_^;)。
 今後が楽しみなシリーズです。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。