本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イーモバイルのおかげで、外出中でも状況だけは確認できたF1 日本GP。
 帰宅してから録画を視聴したのですがー。
 うーん……。
 見どころを欠いた平凡なレース……と言っては失礼ですか、平穏なレースでしたね(^_^;)。
 パッシングシーンは皆無でしたし、順位の変動も無くて。
 チームによる作戦の妙みたいなものも無かったかなー。

 盛り上がったのってピットタイミングによるTOYOTA トゥルーリ選手とマクラーレン ハミルトン選手の入れ替わりくらい?
 終盤のトロロッソ アルグエルスアリ選手の130Rでのクラッシュは「見どころ」と言うべきものではありませんし……。

 アルグエルスアリ選手は以前にもピット作業終了を待たずに飛び出してスタッフを引いてしまったこともありましたし、F1選手になるにはまだ尚早だったのではないかなぁ……というカンジがしています。
 見ていて危ないとカンジてしまうっちうか。


 そんなアクシデントでSCが入ったあとのリスタート。
 あいだに1台入っていたとはいえ、トゥルーリ選手は上手くなかったですねぇ。
 トップのベッテル選手との差がSC先導でせっかく縮まったというのに、そのチャンスを活かせなかったように見えました。

 まぁ、でも、今レースでのベッテル選手のパフォーマンスは完璧と言えるものだったと思いますし、地元開催で2位表彰台という結果は見事でしょうか。
 もうポディウムの頂点にいつ立ってもおかしくはない実力は見せてくれたワケですし。
 ……でも「なにかあれば頂点に立てるかも!?」って状況は、今季序盤のマレーシアGPあたりでも見せてくれたことですから、できれば今季中に1勝を果たして欲しいトコロです(^_^;)。




 いまひとつ盛り上がりに欠けたF1日本GPに比べて、男子ゴルフのコカ・コーラ東海クラシックは終盤でトップが混戦模様で盛り上がった次第。
 最終日をトップでスタートした石川遼選手が後半に入ってダブルボギーを繰り返してまさかの首位陥落。
 んでもこれをチャンスと、石川選手との差を広げたい他の選手がスコアを伸ばしきれないあいだに石川選手、大復活。
 15番イーグル、17番バーディ、18番バーディで勝利をもぎとったという。

 ホントにスゴイ選手ですね、石川選手は!(≧△≦)
 追いつめられてからのアクションが、自暴自棄によるものではなくてきちんと勝利を見据えたチャレンジだと感じられるところがステキすぎ。
 15番、17番、18番のセカンドなんて「勝つための必打」でしたもん。

 「勝ち方を知っている」とはよく聞く言葉ですけれど、石川選手は勝つためにはどうすれば良いか、なにをしなければいけないかを知っているように思います。
 これで18歳っていうんですから空恐ろしい……(^_^;)。


 そんな石川選手に負けてはしまいましたけれど、2位の梶川選手、3位の池田選手も見事な熱戦を最後まで見せてくれました。
 やぱしステキな選手が集まってこそステキな試合が成立するんですねぇ。
スポンサーサイト
 なんでしょう。
 昨日あんなことを書いたからか――
 岡田監督、亀裂阻止!俊輔・本田対立報道に待った
 なんて記事が(笑)。

 まあ、マスコミとしては対立関係があったほうが記事を面白可笑しく書けるのでしょう。
 (そういう意味ではこっちの記事のほうが正確性を保っているかも)


 でも、このタイミングでこういうコメントを監督から出されると、安心するより不安が増してしまうような気も。
 信憑性が高まってしまうっちうか……(^_^;)。

 事実、今日のvsガーナ戦。
 本田選手は今回も後半途中交代でピッチに立ちましたが、彼が入ってからの15分間はまったく右サイドからの攻撃が無かったのはどういうことなんでしょうか、ねー!
 本田選手がどれだけフリーでも、左の長友選手がどれだけマークされていても、あくまで左サイドからの勝負にこだわる日本代表。
 こうまでハブられてるとは思わなかったです……(T▽T)。


 15分で本田選手無視が収まった理由も、そこで興梠選手が交代で入ってきて本田選手も中央よりでプレーするようになったことから、システムの変更で無視できなくなったのではないかと思われ。

 もっとも、その徹底した左サイドからの攻撃で怒濤の逆転劇を演じたのですから、結果が全てだよなぁ……とも。


 結論からすると、いまの日本代表に本田選手は要らないと思う次第。
 必要とされていないってことは、要らないってことでしょ?

 そしてもしかしたら中村選手も要らないのかもとか思ったー。
 少なくとも今日に限って言うなら、中村選手がOUTしてからのほうが展開良かったですもん。

 もうひとりの中村である中村憲剛選手もなぁ……というのがわたしの印象。
 決めもしますけれど、逆に決定機での凡ミスが少なくないですし(決定機を得るというポジショニングセンスはすごいと思います)、接触プレーが多い印象が(倒れ込んで試合の流れを止めやすい)。


 んで、今日のガーナ戦の感想なのですがー。

 中村憲剛選手が決定機を決めきれなかったせいで苦戦したと思えることがひとつと、失点のほとんどはDF陣がガーナを甘く見ていたせいだからではないかと。
 どうしてあんなに高くCBのふたりが位置取りしていたのか。
 防御より攻めですか?

 さらに3点目の失点は、相手の出方を待って1点目を失ったことを反省したGK都築選手が、今度は飛び出してみたら見事にかわされたという形。
 もう、見事すぎて笑えなかったわー。
 ちなみに1点目も3点目もCB陣に反省っちうか修正は見られませんでしたか。
 身体能力で抜かれたことになんの対応もしてこないCBなんて不要じゃないの?


 もちろん攻撃陣にも不満は感じていて、試合前岡田監督は
 「ボールをシンプルに動かすことも大事だが、目的はあくまで点を取ることだ。(得点するための)手段が目的になってはいけない」
 と、仰ったそうですが、結局得点したのはそのシンプルにボールを回したときだったのでした。
 それ以外のときのペナルティエリアの外で横パスを繋いでいく様にはイライラしたわ!(`Д´)
 あんなことをしていたんじゃあ、そりゃオランダから「脅威ではなかった」とか言われても当然。


 勝てて良かったのか、正直わからなくなります。
 この結果を受けて現状を肯定するような意見があふれるようでは危ういのではないかと危惧してしまうのです。
 サッカー、中村俊輔選手が移籍したエスパニョール。
 ホームスタジアムのこけら落としとなったリバプールとの親善試合が今朝方行われたのですが。
 中村選手1アシスト、チームも3-0という快勝。
 前半で中村選手は退きましたけど、ふぅむ……。
 移籍からの期間を思えば、かなりシステムと連動出来ていたカンジ。

 中村選手のほかにもトップ下に多彩な選手をそろえているので、攻撃面での引き出しが多いな~って印象があって面白いチームになりそうだとは思えました。

 3-0という結果については、まぁ、出来すぎでしょう(笑)。
 ジェラード選手のミドルが2本ともバーとポストに弾かれていたことを考えると、そこまで堅守であったワケでもないですし。
 「運も実力の内」という言葉をどう受け止めるか、ですね~。

 にしても中村選手が出場する試合をLIVEで見られるんですから良い時代になったものです!
 エスパニョールの試合は全試合放送予定ですって!
 リーガへの移籍、万歳! WOWOW、万歳!(≧▽≦ノ
 なんか、こう、消費者のわたしには見えないところで、F1の(市場?)価値ってものが驚くべき早さで下落していっているカンジでしょうか。
 昨今の政治劇は「ミソがついた」と大雑把に言うこともできますし、そこで投下する資本の急騰ぶりのほかにも回収率の悪さ(非効率さ?)も目に余るところとなってきたのでしょう。

 GPのファンのひとりとしても、この世界になんとなーく閉塞感が漂ってきているなー……とは感じます。
 いち消費者でしかないわたしはバカですから、政治も資本も本当に正しい部分、奥まった部分までは理解できませんし掴み切れません。
 なもので、そろそろ「ハッキリとわかる形での新機軸」が、わたしのような賢くない消費者を訴求するために必要になってきているのかなー……と思います。
 F1 ハンガリーGP決勝
 予選で怪我を負ったフェラーリのマッサ選手がはたして欠場ということに。
 よくまぁ無事で……。
 目の周辺に衝撃を受けたそうですが、ヘルメットとコクピット周りの設計進化が救ったのかと思うといろいろと考えることがありますねぇ。

 で、こういう事故が起きると当然その対策に動かないといけないのですけれど、その行動に対してブラウンGPのロス・ブラウン氏は「条件反射的な行動に出ないよう警告」しているそうで。
 うん、この意識は大切だと思うー。
 事件事故が起こったとき短絡的に、やれ禁止だ、やれ安全強化だと、すぐに打てる手だけを打って安心感を求める輩がおりますけれど、再発防止のためには目先だけの対応ではダメだと。

 バタフライナイフが殺傷事件を起こしたから、バタフライナイフを所持禁止?
 それで?
 それがまったく意味の無いことだとは言えないのですが、しかし言えないことを盾にして押し切り事件を片付けようとする手法は間違っているし、危ういモノです。

 閑話休題。

 そんな事故があった影響ではないでしょうけれど、決勝も荒れた……っちうか、バタバタした展開でしたねぇ。
 ピット作業ミスで脱輪を起こしたルノーのアロンソ選手を筆頭に、どうもピットが落ち着いていなかった感じ。
 そのルノーは次戦ヨーロッパGPを出場停止という処分に!
 脱輪しただけ……って言ってしまうと重い処分のように思ってしまったのですけれど、あれがトラフィックの中で起こっていたら、前日のマッサ選手の事故を再現してしまう可能性が高かったと考えると妥当な処分なのかなーって。
 作業するクルーへ、危険と隣り合わせの作業であることを自覚させるためにも。


 原因はロリポップマンの確認不足ってあたりらしいのですけれど、ほかにもピットリリース時にライコネン選手とウェーバー選手があわや衝突!ってシーンもありましたしねぇ……。


 レース自体はマクラーレンのハミルトン選手が今季初優勝。
 シリーズリーダーのバトン選手は7位入賞に留まりましたが、追うベッテル選手はリタイヤと、その差を縮められなかったという。
 ちうか、ウェーバー選手が3位に入ったことでベッテル選手を逆転してランキングでも2位浮上ですよ。
 バトン選手の連続入賞は途切れなかったとはいえ、差は18.5ポイントまで縮まってきました。
 ここ3戦は3・4・2ポイントとギリギリの結果しか残していないだけに、今後が不安ですねー。
 しかし追うレッドブルも安定した強さを発揮できているワケではないので、終盤までもつれる可能性が高いかなー。

 ブラウンGPの不調がこのまま続いてレッドブルが勝ち続ければ、あと3~4戦くらいで追いつく?
 で、逆転するにしろ決定するのは最終戦あたり??
 でもバトン選手は既に5勝しているので、現状でもある程度の優位性を保っているのは確か。
 さてさて、どうなるどうなる~(^_^)。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。