本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まとまってないし、この手の考察は幾多の先人が既に綴ったトコロであるのは承知の助。
そこのトコロはご容赦を。

先日「ヤマノススメ 登頂記念パーティ」へ参加してきたのですよ。
イベント自体はとても楽しく、自分のイベント参加歴のなかでも指折りの名イベントでした。

イベント後に自分と同じような参加者や、「ヤマノススメ」を好きな人たちの感想を巡っているうちに、やぱし出てきた「聖地問題」。
今回はそれほど厳しいものではなかったですけれど、「作品が終了してからも聖地で居られるのは、関係者の努力があってこそ」みたいなものがありましたかねー。
んで、その背後にあるのは「あの作品」の失敗例。

自分もあの作品の「聖地」表現を成功・不成功を軸に語るのならば「成功しなかった」としか言えませんけども。

んでも、ここ今回のイベント会場、作品舞台でもある飯能市を比較して成功例なのかっていうと、それはそれであまり実感しなかったな~って印象を持つのです。
地元の人に言わせるとアニメ化以前に当地を舞台としているということで注目していた/されていた…ってことらしいんですけれど、街を歩いてみると一部に限定されていたなあ、と。
もちろんその一部の盛り上がりでも自分程度は楽しかったのですが、しかし殊更に成功例と言うものなんだろうかと疑問も抱きます。

しかしもちろん不成功とは言えません。
じゃあ「あの作品」とここと何が違うのかなー…って考えたのか今回の話(前振り長い)。

結果から言えば「キャラの息吹を感じられるかどうか」ではないかという、これまた曖昧模糊とした考察に。

例えば土地の名跡をキャラとともに登場させれば、そこへ趣くことで私たちは追体験できる。
それもキャラの生活圏であることを真っ当に活かした場所であるのは当然として。
だからこそ私たちはキャラの足跡をたどることができるワケで。

そういう意味では今回、お寺に水着姿のひなたのPOPがあったのは違和感をおぼえたトコロなのですが。
「おい! お寺で水着になるほど、ひなたは痴女なのかよ!」…って。
はい、そうかもしれませんね! その非日常性に興奮します/しました!
ありがとうございます神様…お寺ですから仏様ですか!!!

まあ、これは例外か。

アチラの批判に見る「畑の中にただPOPを立てただけじゃあ」っての。
自分はそうかもしれないけれど、イメージの間口としてはアリなんじゃないかなぁ…って考えます。
要はそこにそのキャラが居てもおかしくないって思わせられれば勝ちなワケで。
キャラとのマッチングで是非を問わなければ、「ただの店先」に等身大POPを置いたことが受け入れられることの理由が付かないと思うのです。

だからお寺に水着姿のひなたがいるのはアリなのです(おい

もちろん作中のシーンを再現できればそれにこしたことは無いのでしょうけれど。
しかしなかなか物語の進みとして用意も容易ではないワケで。
日常系でもないかぎりそうそう街中だけで物語を進めるのは難しいかな、と。

「ガールズ&パンツァー」でも実際のところ中盤以降の大会試合になってしまうと大洗の街から離れてしまっているワケで、あの作品の舞台が宇宙へ飛んでいってしまったことと大差ないように考えるのですよね。
ただし「ガルパン」は最後に「大洗へ帰る」という描きかたをした。
この「帰る」というのはかなり大きな違いなのかなーって考えます。
離れていてもキャラの居場所がそこに守られている。
物理的にも、そして精神的にも。


そうした次第で、作品の聖地と認めることや、そこが聖地化していくことの過程や要件などを考えたワケでした。


余談。
あの作品と当地の関係者の努力は認めますが、そもそも作品が聖地化のコンセプトには向いていなかったと思うのです(出来不出来とは別の話)。
だから今後はもうそうした「成功しなかった」ことも歴史と受け止めた上で、あらためてコンセプト作品を追い求めてみたらどうなのかなーって考えます。
京都や鎌倉など有名観光地を別にしたら、複数作品で舞台になるって例はそう多くは無いと思うので。
まして前例を受け入れたという事案は無いのでは?

そうして考えてみても、あのNHKの番組のまとめかたは変だったというか的を外していたんじゃないかなぁ…って今更ですが。
スポンサーサイト
ひさしぶりに。

先日終了した「ソードアート・オンライン」マザーズロザリオ編。

終盤、容態の急変したユウキのことをアスナへ報せる手段がメールだったのですが、それを「電話しろよ」と批判の声があったので考えてしまったので、それについて。

緊急時にメールでは無くて電話というのは間違いではないのですけれど、あそこでアニメとしてそれは望まれることなのかと。
電話で急変が伝えられたら、それをアスナが受ける状況が用意されなければいけません。
就寝時はもちろん、学校の授業中などではアスナが受けることができません。
そうなったときは留守電に入れることになるでしょうけれど、だったらメールと同じだよなあ…と。

アスナが電話を受け取れる状況にあったとして、それが何の意味──表現上の利点になるのか。
自分には利点が無いなあ…と感じるのです。
担当医が電話をかける→アスナが受ける→急変を伝える→アスナの描写→…
正直、長すぎ。
それをメールで表現したあの場面では、視聴者は状況を一目で理解できたのです。

現場としてもそんな「メールで代用できる」場面に対して声優さんを拘束するようなことは無駄ではないでしょうか。

簡単にですが、以上のような考えのもとに、あの場面、メールでの伝達は十分に理解できるものだと。
そんな描写は無かったかもですが、担当医のことですから電話も入れてみたんじゃないんですかね。
でもつながらなかったからメールにした。
あるいは担当医と彼女は連絡を取り合う間柄にはなっていたけれど、時間を問わずに電話連絡をするようにまでは関係が深まってなかった。
そんなことも考えます。

理屈と膏薬はどこでもつくかもしれませんが、何故そうあったのか考えてみることも大切だと思った批判でした。
自分には良いきっかけでした。
「AKB0048」stage25でアキバスターの人たちの行動が納得いかなかったので自分なりに解いてみたー。

DESの攻撃にさらされたアキバスターは、占領されたのちにプロパガンダで芸能にそして00に対して反感を抱くようになってます。
……はて?
アキバスターの人たちは芸能を愛しているんじゃなかったの?
そんな簡単に変節しちゃうの?ていう疑問が。

stage21「決戦アキバスター」のアバンで、13代目あっちゃんは言いました。

「アキバスターは過去に戦禍によって廃墟となってしまった星だった。
 それでも人々はこの星を愛し、長い時間をかけて地下都市を作り上げた。
 どんな苦しい状況も悲しい想いも受け止め、新たな希望を生み出せる場所を。
 だからこそここに集まる人々は芸能を愛してくれる。
 アキバスター、そして0048劇場は私たちにとってどこよりも大切で神聖な場所」


あっちゃんの言葉を信じるなら、かつてのアキバスターの人たちはそうであったのでしょう。
でも、いまはどうか?

DESの急襲に遭い、奮闘するもアキバスターを守れなかったことに悔しさを噛みしめながら撤退を決めた00。
「よくもいまさら!」と憤る人たちはその姿をアキバスターの人たちは目にしていなかったのでしょうか?
「この裏切り者が!」と罵る人たちはDESに襲われたとき何をしていたのでしょうか?

…いかに戦おうが自分たちを守ってくれなかったという結果のみを真実とし、裏切り者とののしる。
そんな彼らの姿にかつてのアキバスターの人たちの姿は見えません。

彼らは「本当に芸能を伝える者」である00たちを差し置いて、そうした者を守ってきた自分たちこそが芸能の担い手だと勘違いしてきたのではないでしょうか?


D.G.T.Oの芸能統制には星々によってレベル差があるそうです。
アキバスターはその中でも芸能が謳歌されていた星ですが、しかしそのうえで今回のDESの強襲に遭ってしまえば、実はそんな自由もあっけなく散ってしまうものだったことが明らかになっています。

武力で抗っても勝ち得ない。
であるならおそらくはD.G.T.O内でも政治力学による戦いがあったのではないかと推測できます。
D.G.T.Oの思想的には「芸能禁止」の理想は外せません。
しかし凪沙パパが上申したように芸能の効果は労働生産性の向上に付与することがわかっています。
また芸能という娯楽が表立って禁止されている裏では、カジノを開催しているベガスターのような「芸能に由来した娯楽を提供」している星もあります。

D.G.T.Oは「芸能禁止」のお題目を掲げるも、その実、芸能をコントロールしているのではないでしょうか。


話を戻します。
D.G.T.Oは本気を出せばアキバスターを掌握することもできた。
しかしそれをこの機まで行ってこなかった。
それにはアキバスターの歴史から強い反抗が起こりうる可能性も考慮しつつ、00という芸能の担い手を完全には殲滅しようとはしてこなかったと思われます。
(智恵理パパの暗殺。もしかしたらこのあたりの力学から行われたのかも…とは飛躍かなあ(^^;))


そんなD.G.T.Oの思惑にも考え及ばず、自分たちこそが芸能の中心であると驕るようになってしまった存在がいまのアキバスターの住民なのではないでしょうか。
彼らのなかではすでに00メンバーなどは「自分たちが伝えていく芸能を表現しているだけの存在」に堕ちていたのではないでしょうか。
主は自分たちであり、表現者である彼女たちは従にすぎない……と。

そうであるならば彼の変節ぶりも納得できるものです。
従者が主人を見捨てて戦いの場から逃げおおせ、時を置いてのこのこと舞い戻ってきたのですから。


……以上がアキバスターの住民に関しての考察です。
合っているかどうかは分かりませんけれど、これくらい考えていないとあのクズっぷりには怒りが収まらないので。

もちろんあの状況でそうした考えを抱く人、変節する人が全く出ないとは思いません。
んでも、そうした中でも00を信じ続ける人が同じくらいいても良かったんじゃないかって思うのです。
悲しいかな、彼女たちを信じて、彼女たちが聖地アキバスターへ戻ってきてくれたことを「シアターの女神たちの降臨だ!」と喜んでくれたのは、芸能禁止の星でレジスタンスを続けてきたランカスターの人間であったのです。

誰が芸能を守ってきたのか。
誰が芸能を伝えてきたのか。
考えさせられた展開でした。

00メンバーはそんな不忠者の心へ届くようなステージを見せなければならない。
それがどれほど大変なことか。

stage26での彼女たちの歌声が最高のものであると願っています。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

 昨日はいよいよ『イブの時間 劇場版』を見てきたのですよ~。
 WEB試写会で見ていたとはいえ、スクリーンで見る映像は衝撃的でしたー。
 一昔前の映画アニメって、なんか、こう、大味な映りだったと思うのですけれど、ここまで精緻に映し出されるようになったのだなぁ……と感慨深かったデス。
 デジタル時代、すごい!

 今回もBDをPS3で出力なのかしら……?


 公開されているact01~06をまとめて、そこへ新規カットを挟んで物語のバッググラウンドをかいま見えるようにしたものが今作劇場版。
 そうすることは予定されていたことですし、差し込まれる新規カットがあるとはいえ大きな進展を見せるのは難しいだろうなーと納得ずくの上で見たのですがー。
 うーん……。
 高い映像美に比べて物語構成については文句なく花丸を付けるトコロまでには達していなかったかなーって印象が。
 もちろん及第点は越えているのですけれど、深い満足感を得るところまでは届いていないっちう。
 もっともそれはWEB公開時から感じていたところでもあるので、そこも込みで納得しなければならないのでしょう、わたしの場合。


 なんちうか、アンドロイドと人との関係を描いた……とはひと言で言えるのですが、そこになにか「次に繋がる答え」があるようには感じられないのです。
 あるのは「現状の肯定」であって。
 もちろん新規カットで「答え」に類推するものが差し込まれていましたし、それを描くのは今後の作品においてである……という考えもあるのですがー。


 こと構成においては「リクオ」を主眼にした物語が進められている中で、彼の思想についてはact05でひとつ決着がつけられているのですよね。
 シリーズ中、おそらくもっとも評価が高いact06ではすでにリクオは中心視点では無いという感があって、劇場版としてまとめたとき、どうにもこの最後は蛇足感をおぼえてしまうのです。

 act06が悪い話であったと指摘するつもりはありません。
 ただ、ここでマサキの信条を主に据えて描くのであれば、もっと序盤からリクオとマサキの対比を描いておくべきだったのではないかなー……ってことで。


 私見ですけれど、劇場版以前にWEB公開はact05でひとまず終えていれば良かったのではないかと。
 まず1期、リクオの物語として。


 先日見てきた、吉浦監督の初期作品と併せて考えると、監督は物語の大枠を意識するあまり細部のつながりや描写について大味になるところがあるように感じられて、そこが少なからず残念であります。
 どちらからいうと、作品が収まるハコを作ってその中で物語を動かす「微分」型の制作スタイルなのかなーって。



 ちょいと批判めいた感想になってしまいましたが、面白かったというのは事実です。
 見るべき価値のある作品であるのは間違いなし!
 ただ、あまりにも「スクリーン映え」(笑)してしまう作品なので、この魅力が仮にBDなどで発売されて自宅視聴することでは魅力半減になってしまうのではないかという不安がー。
 池袋のテアトルダイヤでわたしは観賞したのですけれど、あそこ、音響もわたし好みなのですよねー。
 あれだけの音を自宅で創り出すことは無理だわ……(^_^;)。


 吉浦監督の作品観については、やはり過去作品を見てもらって感じてもらうのがイチバンかと。
 公開終了まで時間無いですけれど、「吉浦康裕監督WORKS」も是非。
 『ペイル・コクーン』と『水ノコトバ』については『イブの時間』でも登場してますし、そういうチェックする楽しみも発生しますしね!
 ……そんな脇見ばかりしているのもアレですけれど(苦笑)。
 『イヴの時間』の吉浦監督の過去作品を集めた「吉浦康裕監督WORKS」見てきました~。
 レイトでしたけれど21時からの1時間なので、仕事帰りでも十分見られるカンジ。

 で、感想なのですけれど――。
 うん、すごかった、けど……内容を微分するような行為をしてはいけないかなーって。
 考えるより、感じるほうが大切!っちうか。


 「我ハ機ナリ」や「キクマナ」などの習作群においてはストーリーは皆無で、映像としての技術を試しているって部分が大きいカンジで。
 で、そこで描かれている方向性っていうのが、どうにもホラーなのですよねぇ……。
 視野外から突然現れるとか、突然切り離される感覚とか。

 続く短編「水ノコトバ」でもそういう部分はありますよねー。
 特にラストで衝撃を与えるって、短編ホラーとしては定番っちうか王道っちうか(笑)。
 しかしそれ以上にこの作品の意義は、『イヴの時間』のプロトタイプ的な雰囲気を漂わせているところですかー。
 喫茶店内で起こる出来事に焦点を絞ったグランドホテル方式であるところとか、もう。

 このあたりでようやくストーリーめいたものが現れだして、初の長編?「ペイル・コクーン」で形となるわけで。

 しかし「我ハ機ナリ」や「キクマナ」というストーリーではなく着想の作品と、「水ノコトバ」「ペイル・コクーン」で開花したストーリーを合わせてみると、吉浦監督の意識の中にはメタ視するような感覚がまずあるのかなーって気がします。
 作品の根底に据えるガジェットに、見えている世界、そのひとつ外側に概念を打ち破る視点がある……というような描き方をしているように思えるのです。
 ホラーとして感じた部分も、じつはそのような部分なのかも、とか。
 信じていた世界の崩壊……みたいなー。


 とまぁ、吉浦監督という人を感じるにしても、『イヴの時間』の予習としても、見て損はないものでした。
 ますます『イヴの時間』が楽しみになったー!
 WORKSでは「イヴの時間 act01:AKIKO(オリジナルバージョン)」も上映されましたけれど、すでにここでもういろいろと修正入っていたカンジ。
 ま、WEBで見てますけれど、スクリーンでみないとね!
 テアトルダイヤ、好きになれた劇場ですしー。
 音が良いような気がします、あそこ。


 WORKS見に行ったとき前売り券をチケットと交換してきたのですが、そのとき「初日の舞台挨拶の回もまだ残ってますよー」って窓口のお姉さんに言われて……。
 ――行けるものなら行きたかったわ!!!
 世間の人間が、すべて土日がいつもお休みになっていると思うなよーっ!!!(T△T)
 うわああああんっっっ!



 ……劇場版『イヴの時間』のラストも、考えてみると「驚愕の真実が!」的な仕掛けだったかな。
 少しだけNTR感覚味わってしまったのは、にんともかんとも(笑)。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。