本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 楽しかった、面白かった……というには届かなかったカンジ。
 でも、その着想と、実際に物語に顕したという実現度には賞賛を!


 古くから不思議なことが起こる街で催される「算数杯」。
 伝えられる遺題を解き合う競技が、じつは宇宙の法則に繋がっていた!?
 算数杯に挑む小学生たちが、宇宙を構築する「数」の秘密に迫りながら、彼らが住むこの宇宙を守り抜く冒険小説。


 いや、も、この「数学」+「冒険」って構成に脱帽。
 リーマン予想が世界を、宇宙を救う!ですよ??
 なにをどうしたらそうつながるのか……。

 だけれども、おおざっぱに言って「世界は数学で成り立つ」という主張には、真に理解できなくてもわたしは納得してしまいました。
 証明するということはまさに数学的解釈でしょうし、存在の中身は数のハズですから。

 しかも着想こそ意外性を感じながらも、その物語構成や展開はジュヴナイルのそれに見事に収まっているあたりもスゴイ。

 つまるところ――
 変わらない日常がある日突然来訪者によって壊され、予想もしない出来事に巻き込まれる冒険がいやおうなしに始まって、危機に際しては仲間と手を取り合い前に進み、オトコノコはオンナノコを助けに行くし、オンナノコはオトコノコに夢を託し、みんなの願いがひとつになって勝利を得る!
 ――みたいな。

 これを数学ネタでやってしまうんですよ?
 なんという構成力か!(笑)

 さらに結びが秀逸。
 この冒険を通して少しだけ大人になった少年少女たちには、少しだけ苦い現実が相応しい――そう思える結びなのです。
 でもそれは悲しいことではなくて、いつかまた出会える約束の物語。

 ……ああ、これはやぱし、通過儀礼の物語でもあったのだなぁ。



 結局、わたしにはリーマンもオイラーも理解できませんでした。
 けれど、そこに深い物語が流れていることを感じます。

 こういう本と幼い頃に出会えていたら、もう少し違った人生があったかもなぁ……とか、おこがましくも思ってしまいます(^_^;)。

 数学を楽しむのではなく、冒険を楽しんでください。
 そんな物語です。
スポンサーサイト




 冴えない文芸部にひとりの文系少女が入部してきたことから始まる青春物語。
 学力は高くても異性とのお付き合いなど全くの未経験の部長が後輩新入部員に一目惚れ。
 文芸部に居候している同級生はそんな部長の様子を興味深く人間観察。
 やがて大切な後輩に危機が迫り、恋心も合わさって立ち上がる部長と居候!
 敵か味方かわからないギャル(笑)も加わって、はたして彼らは後輩の危機を救い文芸部を存続させることができるのか!?


 やー、これは気持ちの良い青春物語でしたー。
 なにしろ主人公格のふたりが「メガネのっぽ」と「デブ」という、一般的に見てもヒーローではない容姿であるところが良い良い。
 普通であることは共感性を語りやすいと思うのですけれど、さらにその一段下を行くという。

 で、そんな彼らが恋心(だけではないですけれど)をもって義に立ち上がるっていうんですから熱くならないわけにはいかないですよ。
 ヒーローっていうのはね、イケメンリア充だけがなるものではないのですよ──ってね。
 熱いハートがあれば誰だってヒーローになれるのです。


 もちろん彼らも初めから、あるいは全てが無欲で動いたワケではないです。
 あらぬ疑いをかけてしまったり、誤解や衝突だってあるのです。
 しかしそうしたことは若さゆえの衝動であり、ぶつかりながら間違えながらも、仲間との絆を深めていく様が心地よいのです!
 んーっ、これぞ青春!ちうか!!(≧▽≦)

 しかもそれがわたしと同じようななんの取り柄もない子たちが起こしたということに、すごい感銘が。
 答えを得るには、できるかできないかではなく、まさにやるかやらないかなのです。
 YEAH!


 観察者として傍観を決め込んでいた主人公も、いつしか否応なしに当事者へ。
 きっかけは向こうからやってきたものだったとしても、そこから行動したのは彼自身の決断ですからね~。
 後輩が傷つくのも、文芸部の絆が壊れるのも、そして気になる女の子から失望されるのもイヤなのです。
 おっとこのこだわ~。
 無欲の正義では無いのですけれど、その理由で十分でした。


 部長と後輩の恋模様を傍観者としてけしかけていた(援助もしてましたが)主人公にも、そんな想いが湧き上がっていくという展開が面白かったー。
 しかも第一印象は良くなかったというのに、一緒に行動しているうちに隠された姿を知ってズッキューンと来ちゃうっていう。
 ああ、恋ってそんなものだよね、ある日突然降りてくるものだよね(笑)。


 読み始めると件の後輩ちゃんがヒロインかと思っていると彼女が描かれているのは中表紙。
 表紙の前髪ぱっつんな女の子は誰なんだろう……と不思議に思っているうちにやにわに登場すると一気にヒロインの座へと登り詰めました。
 うーん、このキャラクター性はスゴイ(^_^;)。



 後輩ちゃんの秘密とは!? 文芸部を危機に陥れた犯人とは!?
 さすがに「これぞミステリ!」という趣はありませんけれど、ちょっとしたスパイスとして謎が振りかけられている程度具合は適当なカンジ。
 重くなりすぎず、また軽くなりすぎず。
 伏線の提示の仕方も丁寧に意識されている感があって良い良い。
 きちんと構成を考えられているなーって感じられるのデスヨ~。


 ラストの結び方には賛否両論挙げられますけれど、絶対的に否ではないかな~。
 読み手に想像する部分が与えられているワケですし、そこを描く必要もあえては無いのかもですし。
 なにしろ読み手が願うことは、みな一緒でしょうから(笑)。




 すごい……。
 2度読んでみても、この人がリアルだと思えないくらいにドラマティック。

 日本に初めてバチスタ手術をもたらした外科医の「医師としての成長」を追ったノンフィクション。
 なぜ医師を目指すことになったのか、から始まり、医師としてなにを最良として目指しているのか、困難にあたったときの判断基準やいまあ追い求めていることなど、「外科医 須磨久義」のひととなりが収められた作品。


 海堂センセは言わずとしれた『チーム・バチスタの栄光』の著者であり、作品でバチスタ手術を施術する医師のモデルが須磨先生だったそうな。
 そんな海堂センセの視点から見た須磨先生の姿という形式なのですがー。
 実のトコロ、おふたりのあいだに面識と呼べるものはそれほどなかったそうで。

 それゆえか今作での描き方も、知人という間からでの親しさや馴れ合いが感じられず、海堂センセ視点での主観や第三者としての客観に拠った描き方がされているように感じられてそれがまた須磨先生の姿を浮かび上がらせることに説得力を持っているように思います。
 中立性というか。


 いや、それにしても向かうところ向かうところで困難にぶちあたり、簡単ではない選択を選んでいく姿は、もうリアルとは思えないくらい。
 これが事実は小説よりも奇なりというヤツですか!?
 クリエイターはこのリアルを越えていかなければならないのですか!!(><)
 そんな幻想、ぶちこわして(ry


 でもなぁ……。
 時代時代において何かを成し遂げる、名を残すというのは、そういう選択をし続けたからなんですよねぇ。
 安定と安全を求めていたら進歩は無いか、あっても遅いかですし。
 それでは時間の流れに埋もれてしまうワケで。

 もちろん海堂センセも安定と安全を求める生き方を否定しているワケではないのですよね。
 そういう生き方もあると是としているのですし。

 ただ。

 その道を選択するとき、個人にどういう信条があるのかどうかを問うているだけで。

 須磨先生は「医師として助けられない人がいることに不満を持ち、あるいは救うことができるかもしれないのに躊躇うことを是としない」信条があったから動いたというだけなんですよね。
 だからその選択がブレない。

 そもそも「困難だから」という理由は選択において考慮されないのですよね。
 損得勘定ではない、効率でもない、医師の道、患者のためを思う気持ちが選ばせているだけで。



 で、そうした須磨先生個人だけではドラマにならなくて。
 先生の周囲を固める人物たちの個性もまた強烈!

 このままの成績では現役で医学部合格が不可能と思われた高校三年の夏。
 家庭の事情により必ず現役で合格しなければならない先生が取った選択とは!


 須磨は高校に出向いて教師たちに尋ねた。
「僕はこれから医学部を受けるつもりですけれど、もしも先生方の授業を全部受けて、試験で百点をとったら医学部へ行けますか」
 教師たちは「絶対に無理だ」と答える。すかさず須磨は「それなら先生の授業を聴かずに自分で勉強したいので、明日から学校へ来なくてもいいですか」と尋ねた。
 驚いたことに教師たちは、あっさり須磨の申し出をOKしてしまう。


 須磨先生も先生ですけど、教師も教師!(><)

 もちろんこの選択がベストだとはわたしも思いません。
 教師のかたがたにも学校の規律を保ち、卒業していく生徒に一定の成績を社会へ保証する責任がありますし。
 それでもこの選択を許すなにかが須磨先生にはあって、その運命?宿命?を教師のかたがたも感じ取ったのではないかと思うのです。
 もし結果が芳しいモノではなくても、選んだ意味を残せる人間だと保証されたのではないかと。


 次いで海外での評価を確固たるモノにしていた頃、バチスタ手術を目にして衝撃を受け、栄光を捨てても日本に帰国しようと決意したとき!


 須磨は隣に座っていた妻に向かって「帰るよ」とひとこと告げた。妻はローマを気に入っていたので、思わず「ええ?」と声を上げた。だがすぐその後で、
「もう決めたんでしょ。それじゃあ帰りましょう」
 と答えた。


 奥さ――んっっっ!!!(≧▽≦)
 格好良すぎる――っっっ!!!!

 これもべつに「旦那の言うことに妻は従うべき」というものではないのです。
 須磨先生は常に「選択するときは自分ひとりで決めるべき」という信条を持っていて、その生き方を奥さんも肯定しているという姿が美しいのです。

 須磨先生はもちろんヒーローだけれど、奥さんも間違いなくヒロインだわ!


 選択において他人に相談するということは、自分では気付かなかった見落としを検証するだけにするべきなのだそうで。
 誰かに背中を押してもらうためではなくて。
 そうでなければ選択に責任が持てなくなりますし、失敗したときに必ず後悔をするのだそうで。


 そしていよいよ日本で初のバチスタ手術を行うときが!
 規制の壁、未知の術式への不安、患者への責任、保守派の冷笑。
 さまざまな困難がそこにはあっても須磨先生は乗り越えていくワケで!
 ひとりでは難しいことでも、それまでの先生の生き方が培った絆がそれを支えてくれてくることに涙!(T▽T)


 スタッフの気持ちを要約すれば、こうだった。
「難しい話はようわからんけど、最終的には先生を信頼するかしないかの話だ。我々は須磨先生を信じる。だから先生がやったほうがいいと思うんだったらやればいい」


 ぎゃーっ!(≧△≦)
 熱い、熱すぎるよーっ!!!!

 ここは今作でもホント、クライマックスで、さすがの須磨先生も絶望の縁に立たされるのですが。
 そこからの反転、大逆転劇がエキサイティングで!
 こんな気持ちのV字回復こそが、クライマックスの描き方だなぁ……と感心しきり(リアルですけど!!)。



 もー、ホントにこれがリアルだっていうんですから脱帽です。
 真実を追い求める人の姿は、きっと、すべからくドラマなんですねぇ……。

 こういうリアルがあるとクリエイターには高いハードルになってしまいますが。
 最後に、そうしたクリエイターの人へも持っていて欲しい志を示された須磨先生のお言葉を幾つか抜き出しておきます。
 もちろん、クリエイター以外の全ての人へ持っていて欲しい志です。


「人が自分をどう思っているとか、ひそひそ話の中身みたいな小さな問題よりもはるかに、自分が自分の行為をどう思うかの方が大切です。たどりついたゴールが、本当に最初に目指していたゴールかどうか。そうした問いに対する回答がイエスなら、あとは、まあそこそこ、どうでもいいのではないでしょうか」


 この言葉を受け止めて生きていきたいです。




 14歳のオンナノコたちの身に突如降りかかった転変。
 性逆転、大人化、人格入れ替わり、動物への変態、憑き物。
 昨日と変わらないハズだった毎日が、ひとつの転変とともに自身の世界をひとつ決定する方向へと動きだして。


 んー……なんちうのかなぁ。
 きっかけがあって物語が動きだすってのは当たり前のハナシなんですけれど。
 変化していくことが物語だと思いますし。
 んでもその変化の行く先がヒネてるっちうか悪意にあふれてるっちうか。
 悪意に満ちてるってワケではないにしても、どこか露悪的な気もするのですよー。


 世界ってこんなにも脆かったのかな?って感じます。
 変わることは仕方ない。
 でも、流れるままではなく変わらないものもあるような。

 たったひとつのことで日常が非日常になって、その先にある非日常の積み重なった世界は頼りにならないくらいに小さなモノ。
 寄る辺を失って、少女たちはどうやって生きていくのかなー……って考えたとき、人間なのだからひとりで生きていくしかないのだなぁ、って思ったり。


 少女たちの物語のなかには暗さを感じさせずに結ばれた物語もありますけれど。
 そんないっときの倖せだけでこのあと生きていく時間の全てが照らされているようには感じられなかったのですよー。


 気持ち悪さと恐さの同居した作品。
 しかし少女時代の終焉は突然訪れて、彼女たちの世界はいつだって儚い。
 そういうことなのかもしれません。




 「日本神話」+「SF」というモチーフで、神様と人間(ほか生きとし生けるもの)が共存している背景……まではわかったのですけれど。

 この時代、人類が銀河の片隅でひっそりと暮らしていたのは過去のもので、いまや宇宙を駆けめぐる宇宙市民の一員となっている次第。
 地球外の知的生命体に遭遇している事実はもちろんのこと、しゃべるネコだって登場してスペースワイドにコスモポリタニズムが展開されているわけですがー。
 そうして多種多様な知的生命体が存在しているなかで「神様」という存在について『「日本神話」に立脚する存在』という以上の説明がなされていないのが不思議で……。


 そもそも「日本神話」という部分についても、物語の枠外から眺めている読み手のわたしには理解できるところであって作中での位置付けが証明されているワケではないハズだと思うのですがー。

 冒頭で語られる、旅立つ戦艦を見送る神様と退役軍人の図、は興味深く思えたのですけれど、それ以後もどこまでも雰囲気優先で進められてしまうことには疑問を抱いてしまったかなー。



 そのほか、宇宙にはクジラなる未知の存在がいて奔放に泳ぐ彼らが宇宙を航行する人類に障害を及ぼしている……とか、面白そうなガジェットを組み込んではいるのですけれど、んー……いろいろと足りていない気が。

 これが1巻ということなので次巻以降にゆだねられている部分が多分にあるとはわかっていても、少なくとも今作だけでまとめられる、まとめる必要がある部分についてきちんとされているような印象は受けなかったのです。
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。